SchoolYouTube 続編!

第6回講座

プロの YouTuberやクリエーターの講座を受けて、YouTubeを使った生徒目線の学校広報活動をしようという企画「School YouTube」。第6回講座を行いました。

今日のテーマは「サムネイル」。YouTubeの動画の顔となるサムネイル画像を作るポイントについて学びました。

「サムネイルは読むものではなく見るもの」であるとか「見る人の目線はどのように動くのか」、さらに「情報量は?文字数は?サイズは?」など、なるほどと思う話から、なんとなくわかっていたことが整理されていくような話ばかりでした。最後に実在するポスターのキャッチコピーをみんなで考えるワークも行いました。

サムネイルはスクロールされるまでの0.5秒が勝負です。どれだけそこでインパクトを与えてクリックしてもらえるか。まさに腕の見せどころです。

   

講義を受けた後で、現在の進捗状況をシェアして、これからの進め方などをフォローしていただきました。この1ヶ月緊急事態宣言中だったこともあり、撮影や編集がなかなか予定通りに進んでいません。

11月には姉妹校の高蔵校との動画発表会を企画しています。完成に向けてこの1ヶ月が勝負です。生徒の頑張りに期待しています。

第5回講座

今回は緊急事態宣言中ということもありオンラインでの実施でした。グループワークなどはありませんでしたが、講座中は講師のこだまさん、井上さんの呼びかけにチャットでのやりとりもしながら、双方向での講座ができました。

今回は動画編集がテーマでした。最初にサンプル動画を見て、もっと改善できるところを指摘しました。その後、同じ素材で少し改善した動画を見て良くなったところも指摘しました。生徒たちからは視聴者の1人としてなかなかポイントを抑えた意見が出ていました。

さらにテロップの種類とタイミングや配色などの工夫やBGMの入れ方のポイントなどを具体例を挙げながら教えていただきました。大切なのは「視聴者目線」今後の編集作業に活かしてほしいと思います。

いよいよ次回は撮影・編集した動画を材料にブラッシュアップとサムネイルをつけていきます。お楽しみに。

第4回講座

前回(第3回)では、再生回数を伸ばすためのサムネイルとタイトルのポイントについて学び、トレンドキーワードを見つけて、さらに掛け合わせてタイトルを考え、最後は2W1Hで企画を考えました。

 

今回もYouTubeプロデューサーのこだまさんがZoomで講義をしてくれました。

 

今日はいよいよ撮影や編集についての講座でした。
まず撮影のポイントは「取るだけが撮影じゃない」ということ。撮影前、撮影中、撮影後に機材、人、場所など様々な確認が必要だということでした。

 

さらにカメラワークやカメラフレーム、そしてカメラアングルの種類と特徴を学びました。何を見せるためにどんな角度で、画面の枠の中にどれくらいの大きさで映して、どのようにカメラを動かせばいいのか。技術とポイントを教えていただきました。編集についてもどんな段取りでやったらスムーズか、どの手順にどれだけ時間がかかるかなど、事前に知っておくべきことを学びました。

真剣に講座を聞く生徒たち。

 

最後はグループワーク。学んだ知識を生かしながら自分たちの企画をさらに掘り下げて突き詰めていきます。

  

サポートスタッフの方のアドバイスもいただきながら進めます。

 

さあ、いよいよ撮影に入ります。夏休み中に動画、画像、音源など素材集めをすることが次回までの宿題です。

今回もサポートいただいた井上様、宮本様、真壁様、小林様ありがとうございました。

第2回講座

今日は動画作成の宿題の振り返りから行いました。生徒が作成した動画をみんなで見ながらいいポイントや改善点を指摘してもらいました。どれも高評価でしたが、中でもYouTubeプロデューサーのこだまさんから「全国のSchool YouTubeの宿題の中でもNo1!」「このまま YouTuberになれるレベル!」と絶賛された動画もありました。すごい!

今回の講座のテーマは「YouTubeの企画の作り方」です。「キーワードを探すこと」がポイントでした。いくつかのキーワードをさらに深掘りして考えるマンダラチャートを使ったワークショップで企画のヒントを考えました。最後に今後の活動チームも決め、次回からはチームでの活動です。お楽しみに!サポートいただいたカンコーマナボネクトの井上様、KANKOの真壁様、小林様、ありがとうございました。

第1回講座

本日第1回の講座を開きました。今回は YouTubeプロデューサーのこだまさんとオンラインでつながって、直接質問に答えたり、チャットでやりとりしながら YouTubeのイロハを学びました。こだまさんからの問いかけに生徒たちも積極的に答え、やりとりが進みました。

最後のワークも生徒同士で情報交換しながらどんどんアイデアを出して取り組んでいました。やりたいことのイメージが膨らんできたところで時間になり、残りは宿題になりました。企画はまだまだ始まったばかり。何より楽しみながら、本校の良さを世の中に発信することを通じて、大人になっても武器になる発信力や表現力といった広報力を身につける時間にしてもらいたいと思います。次回もお楽しみに!サポートいただいたカンコーマナボネクトの井上様、宮本様、ありがとうございました。

この記事の筆者
入学委員会
筆者の他の記事を読む
ICT関連体験活動
Prev
体操部・ハンド部 知事を表敬訪問2021年10月1日
野村くんカート専門誌の表紙に!2021年10月1日
Next