なごや生き物一斉調査2021~テントウムシ編~

なごや生物多様性保全活動協議会主催のもと先月行われた「なごや生き物一斉調査2021~テントウムシ編~」本校のビオトープ(約800m2を調査場所に、選択科目授業の一環として生徒たちがテントウムシの生態について調査・研究を行いました。

SDGsにおける第15番目の目標『陸の豊かさも守ろう』に関連した活動として、生物の授業の中で校内フィールドワークを展開しています。他にも作物を栽培・収穫したり、研究成果をコミュニティセンター等で発表するなど、ビオトープ・農園を舞台に多彩な活動をしています。

↓↓以下の リンクをクリックすると、詳細をご覧いただけます。

テントウムシの調査(詳細レポート)

この記事の筆者
入学委員会
筆者の他の記事を読む
SDGs体験活動理科教育
Prev
インハイ表敬訪問 中日新聞に掲載2021年10月4日
高2 B班 北海道修学旅行 1日目 ②2021年10月3日
Next