軽音楽部 愛知県大会 準グランプリ!

市邨軽音楽部は7月28日(水)に稲沢市・名古屋文理大学文化フォーラムにて行われた令和3年度 第9回 愛知県高等学校軽音楽大会に出場し、見事準グランプリに輝きました!

この大会は毎年夏(7月)と冬(12月)に行われ、このたびは県内各校から25組のバンドが出場、技術やチームワーク、楽曲の完成度などを競い合いました。

いよいよ本番ステージに臨みます
本番前の音響チェック
演奏スタート!

市邨の出番は3番目、『琥珀(コハク)』というバンド名で出場しました。3年生のボーカル・森くんが作曲し、ベース・與語さんが作詞したオリジナル曲『永遠(とわ)』を演奏、緻密なアレンジと迫力のツインボーカルによる壮大な市邨サウンドを会場に響かせました。

ボーカル・森くんと柴田さん
ベース・與語さん
ツインギターによるソロ
ツインキーボードで重厚なサウンド

惜しくもグランプリにはあと一歩及びませんでしたが、審査員の先生方にも大変高く評価いただき、ベストプレーヤー賞ギター久野くん(3年)が選出されました。

演奏後の講評
ベストプレーヤー賞・久野くん(ギター)
準グランプリを獲得!

 

この記事の筆者
軽音楽
筆者の他の記事を読む
軽音楽部
Prev
軽音楽部 中部大会で稲沢市長賞!2021年7月30日
女子サッカー審判実技講習会2021年7月27日
Next