高1特進 探究的な学び・採取したサンプルからの検出作業

この日は伊勢湾岸や渥美半島で採取した海岸の砂のサンプルからマイクロプラスチックが検出されるかどうか、いくつかの作業を行いました。持ち帰った砂のサンプルも結構な量があり、作業には時間を要しましたが、一つ一つの作業をiPadを使って記録し、丁寧に実行していく生徒たちの姿に頼もしさを覚えました。今後もこの作業を続け、次の分析に向けて研究を続けていきます。さて、果たしてマイクロプラスチックは検出されるのでしょうか。

 

 

この記事の筆者
高1特進
筆者の他の記事を読む
SDGs探究活動
Prev
ゼミ活動について2021年8月6日
高1特進 探究的な学び・マイクロプラスチック採集の旅 その22021年8月2日
Next