140年ぶりの「ほぼ皆既月食」の観月会

2021年11月19日(金)、進学補習や部活動帰りの生徒たちと一緒に140年ぶりの天体ショー「ほぼ皆既月食」を観賞しました。

やや曇りががった東の空を眺めながめていると、かすかに白く輝いている月を見つけることができました。6時頃になると食が最大となりました。肉眼とカメラで月を観賞しました。

大津先生からは、「なぜ赤く見えるのでしょうか」の問いがたてられました。真剣に考えている生徒たちはとても頼もしく感じられました。

学校からだけでなく、自宅からこの「ほぼ皆既月食」を観察している生徒たち。望遠レンズのついたカメラで世紀の瞬間を撮影してくれました。

 

この記事の筆者
高2特進
筆者の他の記事を読む
体験活動理科教育
Prev
We’re in Social Change ENGLISH2021年11月20日
JA千種で市邨産さつまいもを配布しました2021年11月18日
Next